3月9日 なかよし班活動 終わりの会

3月9日、なかよし班活動の終わりの会が行われました。なかよし班活動とは1年生から6年生までが集まり、班を作って交流します。一年間の活動を通して、それぞれの学年としての役割を自覚しながら、思いやりの心を持って協力して活動できる木曽呂っ子に育ったことと思います。6年生は毎回1年生を送り迎えし、全学年が楽しめる様にたくさんのことを工夫しながら、優しく接していました。そんな6年生に感謝の気持ちを込めてありがとうの言葉を送りました。これからも思いやりの心を持ち続けて下さいね。

3月3日 卒業を祝う会

卒業を祝う会が行われ、6年生による演奏演技を見せてもらいました。演奏や歌も素晴らしく、何より気持ちの伝わってくる素晴らしいものでした。壁には6年生一人一人の未来についてが書かれており、未来を見つめてというタイトルで「どうなりたいのか」「どうしたらなれるのか」が具体的に書かれていました。一人一人が真剣に、また希望を持って書かれた掲示物を読んでいると、それぞれが6年間を精一杯成長しながら過ごしてきたことがよくわかり、感慨深いものでした。職員もお返しに歌のプレゼントをするなど、大変盛り上がりのある会になりました。

3月1日 6年生を送る会

6年生にお世話になった感謝を込めて1~5年生の児童たちが歌や心のこもったメッセージをプレゼントしました。どの学年も仲良し班遊びや委員会、クラブ活動などでお手本になる言動で導いてくれた6年生にはありがとうの気持ちでいっぱいです。6年生からのお返しの歌と器楽の演奏はとても素晴らしいもので、その堂々とした演奏もさることながら、聴いている児童の真剣なまなざしがとても印象的でした。