6年生 洗濯実習

6年生が家庭科「夏をすずしくさわやかに」の学習で、洗濯実習を行いました。
汚れた靴下を洗いました。

児童は、
「洗濯板は電気洗濯機がない時代に使っていたものだと思っていたけれど、今でも洗濯板が売られているということに驚きました。」
「洗濯板を使うと、汚れの落ち具合もよいことに気が付きました。」
「たった一つの靴下だけど、洗濯は大変でした。いつもおうちの人に洗ってもらうばかりだったので、これからはお手伝いをしていきたいです。」
などの感想をもっていました。

学習したことを、これからの生活で生かしていってくださいね。

6年生保健指導~健康な歯と歯肉を保とう~

健康な歯をいつまでも保つために鏡を使って歯肉の様子をチェックし、自分たちにできることを考えました。
<歯と歯肉を保つために>
①予防のための歯科受診
②甘いものをひかえる
③よくかむ(唾液を多く分泌させる)
④ストレスをためない
⑤生活習慣を整える

歯の健康とは関係なさそうなことも、大切なポイントでした。健康な歯をいつまでも保っていきましょう。